夜鳴き 子育て|夜鳴きの原因と対策

夜鳴きの基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、夜鳴きの対策や改善・解消などの情報を総合的にご紹介!

夜鳴きと子育て

夜鳴きの原因と対策07

夜鳴きは子育てには、避けて通れないものです。

赤ちゃんに数時間置きの授乳で、ママは24時間体制で、そうでなくても、睡眠不足になっている時期に、夜鳴きの時期も重なってきます。

夜鳴きが始まって一番辛いのは何といっても、睡眠不足になりながらも、昼間の家事もこなさなければならない、ママです。

睡眠不足の上で家事で疲労しきったママでは、赤ちゃんを安心させてあげることはできません。

まず、家族や、パパには、できるだけ子育てに協力してもらうことが必要となります。

少し家事を肩代わりしてもらい、その分、赤ちゃんと一緒に、昼間に眠ったりして、睡眠を確保することはとても大事です。

夜鳴きに対応するのも、日によって、ママとパパで分担するなど、工夫が必要です。

夜鳴きの解消には、赤ちゃんを安心させてあげることが何より大事です。

夜鳴きと成長

夜鳴きの原因と対策16

夜鳴きは、脳の成長の証、そして、泣くことで肺の運動をしたり、泣くことで身体のコントロールをしたり、と、赤ちゃんは成長しています。

動き回れない分を泣くことで消費したり、呼吸を調整したり、夜鳴きも、赤ちゃんの成長のためには、大切なステップなのです。

成長するための夜鳴きですから、イライラせずに、暖かい気持ちで接し、抱っこしてあげたり、安心させてあげましょう。

イライラしながら抱っこしても、敏感な赤ちゃんにはわかってしまい、より不安にさせてしまいます。

夜鳴きも、周囲を慌てさせるような激しいものは、3歳頃までには自然に治ります。

過ぎてみれば短い期間ですから、優しく大らかな気持ちで、成長の証である赤ちゃんの夜鳴きにつきあい、たっぷり愛情を注いであげましょう。

夜鳴きする子、夜鳴きしない子

夜鳴きの原因と対策09

夜鳴きする子と、ほとんど夜鳴きしない子が居ます。

兄弟姉妹でも、夜鳴きする子やしない子が居ます。

ミルクと母乳とで、腹持ちが違うので母乳だと夜鳴きする、という噂もありますが、そういう差は実はないようです。

夜鳴きする子と、あまり夜鳴きしない子と居ますが、その差には、明らかなものはないようです。

夜鳴きをする子と、まったく夜鳴きをしない子がいますが、比較して羨んだり、兄弟姉妹で比較して悲観したりは禁物です。

夜鳴きは、3歳頃までには自然に治って行くものです。

夜鳴きは成長の証と言われますし、また、個性のひとつとも言われます。

個性に応じて、優しく見守り、愛情をたっぷり注いで、赤ちゃんを安心させてあげましょう。


夜鳴きの原因と対策TOPへ

夜鳴きの基礎知識

夜鳴き解消の方法

夜鳴きの治療

当サイトについて