夜鳴き 赤ちゃん|夜鳴きの原因と対策

夜鳴きの基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、夜鳴きの対策や改善・解消などの情報を総合的にご紹介!

赤ちゃんの夜鳴き

夜鳴きの原因と対策09

赤ちゃんの夜鳴きは、赤ちゃんの成長に欠かせないものです。

夜鳴きしている時には、大らかな気持ちで、優しく接して、赤ちゃんを安心させてあげることが何より大事です。

しかし、細切れ睡眠で授乳しているママにとって、赤ちゃんの夜鳴きの負担はとても大きく、体力的にも辛い時期ということもあり、イライラせずに赤ちゃんに接することはとても難儀です。

赤ちゃんの夜鳴きで、ノイローゼになってしまうママもいますしから、家族やパパの協力は、子育てには不可欠です。

家族や、パパに、家事を協力してもらったり、赤ちゃんをあやすのを少し手伝ってもらえるだけで、だいぶママの負担は楽になります。

家事を少し休ませてもらい、赤ちゃんと一緒に、昼間に眠り、少しでも睡眠を確保することで、英気を養いましょう。

赤ちゃんの夜鳴きと環境

夜鳴きの原因と対策16

赤ちゃんは、環境の変化に敏感で、環境がかわった時も、夜鳴きしやすくなります。

帰省や旅行など、いつもと違った環境になると、夜鳴きしやすいようですし、普段の生活の中でも、何かいつもと違うことがあった日の夜などは、夜鳴きしやすくなるようです。

小さな子供や赤ちゃんは、とても環境に敏感なので、環境に気をつかってあげることで、夜鳴きが治ることもあります。

子供の場合、ママの妊娠や、弟や妹ができた時、幼稚園に通うようになった、という環境の変化でも、夜鳴きが起こる場合があります。

夜鳴きがある時は、環境に変化がなかったかなど、生活を見直すと同時に、優しい言葉をかけたり、抱っこしてあげたり、と、ママが赤ちゃんに安心感を与えてあげられるようにしましょう。

夜鳴きの続く期間

夜鳴きの原因と対策10

夜鳴きの続く期間は、個人差があり、何ともいえないようです。

夜鳴きをしない子も居ますし、いつ始まって、いつ終わるかは赤ちゃんごとに、違ってきます。

一般的には、夜鳴きのピークは9ヶ月頃と言われ、その後は徐々に治まって行き、1歳半頃にはだいたい治まるようです。

もっと早く、1歳になる頃には、夜鳴きが治っている場合もありますし、2〜3歳頃まで続くこともあります。

しかし、夜鳴きは時期的なものなので、いずれは治まります。

大切なのは、不安な気持ちで夜鳴きする赤ちゃんに、安心感を与えてあげることです。

度重なる夜鳴きで、ママはイライラしがちですが、イライラは赤ちゃんに伝わってしまい、夜鳴きを悪化させてしまいます。

パパや家族の協力をあおぎ、ゆったり構え、優しく穏やかに赤ちゃんに接して、安心させてあげましょう。


夜鳴きの原因と対策TOPへ

夜鳴きの基礎知識

夜鳴き解消の方法

夜鳴きの治療

当サイトについて