夜鳴き 家族|夜鳴きの原因と対策

夜鳴きの基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、夜鳴きの対策や改善・解消などの情報を総合的にご紹介!

夜鳴きと家族の協力

夜鳴きの原因と対策01

夜鳴きには、家族やパパの協力が不可欠です。

特に、パパのフォローはとても大切です。

パパがママを優しくねぎらうこと、それだけで、ママが安心し、子供の夜鳴きに対応できるようになります。

ママが安心すれば、赤ちゃんも安心します。

それだけで、赤ちゃんの夜鳴きが治って行く場合もあります。

夫婦や家族が協力し、赤ちゃんの夜鳴きに愛情もって対応しましょう。

時には、パパや家族に家事を変わってもらって、たっぷりと眠ったり、気分転換に外出させてもらうのも良いでしよう。

ママは数時間おきのの授乳で、睡眠は細切れ、そうでなくても慢性的に睡眠不足になっていますし、その上で、子育ての責任をママ一人で背負っていることも多いものです。

家族や、パパが十分にママを労ってあげることが大切です。

夜鳴き予防

夜鳴きの原因と対策05

夜鳴き予防には、ミルクをたっぷりとあげておくことが効果的なことも多くあります。

お腹が空いていて夜に泣くのは、夜鳴きとは少し違いますが、寝る前にミルクをたっぷりと飲ませることで、夜鳴きが減ったという例もあります。

また、離乳食の時期であれば、一時的に、寝る前に離乳食を食べさせるようにしてみるのも、夜鳴き予防の効果があるようです。

寂しくないように、パパとママと一緒に寝るようにしてみたり、着る物で温度調節するなど、夜鳴きしてから安心させるために取る行動を、就寝前にしておくのは意外に効果的のようです。

昼間にしっかり遊ばせたり、夜は照明を少し暗めにしたりするのも生活のリズムをつけるのに役立ち、夜鳴き予防となるようです。

夜鳴きのチェックポイント

夜鳴きの原因と対策07

夜鳴きのチェックポイントとしては、服を着せすぎていないか、お腹がすいていないか、昼間興奮しすぎていないか、の3点だそうです。

その3点を、予め改善しておくだけでも、赤ちゃんの夜鳴き予防になるようです。

昼間の興奮させすぎないためには、昼間人混みに連れて行くことを避けたり、TVを見せるのをやめてみるのも試してみると良いでしょう。

夜鳴きしてしまった時は、ゆらゆら抱っこや、ベビー布団やおくるみで身体を包み込んで安心させてあげるのも有効です。

耳元で寝息の真似を聞かせたり、手をさすったり、頭を撫でたり、おんぶして歩いたり、車に乗せたり、と、赤ちゃんごとに個人差はあるようですが、眠りやすい状況をつくってあげるのも良いようです。


夜鳴きの原因と対策TOPへ

夜鳴きの基礎知識

夜鳴き解消の方法

夜鳴きの治療

当サイトについて