夜鳴き 解消|夜鳴きの原因と対策

夜鳴きの基礎知識から、対処方法や改善方法、口コミ情報など、夜鳴きの対策や改善・解消などの情報を総合的にご紹介!

夜鳴き解消

夜鳴きの原因と対策15

夜鳴き解消のためには、愛情をもって赤ちゃんに接し、安心させてあげることが一番です。

赤ちゃんには個性がありますから、安心する方法は、赤ちゃんごとに違うかもしれませんが、抱っこしたり、子守歌を聴かせたり、添い寝したり、頭を撫でたりしてあげましょう。

夜鳴きは、成長の証であり、いずれは自然に治るものです。

イライラして赤ちゃんに接すると、敏感な赤ちゃんにはわかってしまい、更に夜鳴きをひどくさせることになります。

大らかに、優しく、赤ちゃんの夜鳴きに対応するには、まず、ママの睡眠不足を上手に解消する必要があります。

家事は少し手抜きになっても、赤ちゃんと一緒に昼間に眠ったり、家族やパパに協力してもらうことが大切です。

夜鳴きとグッズ

夜鳴きの原因と対策20

夜鳴きに効果的なグッズとしては、口コミで情報の多いものに、レジ袋があります。

レジ袋をクシャクシャとして、その音を赤ちゃんに聞かせると、お腹の中に居た頃のような音に聞こえて安心して夜鳴きをやめて眠ることが多いようです。

胎内音のCDなどもあるようなので、試してみるのも良いかもしれません。

また、ゆったりとした音楽など、落ち着くメロディーは夜鳴きの赤ちゃんに効果的なことも多いようですから、優しい音楽のCDなどを用意すると良いでしょう。

他には、おしゃぶりが、効果的という口コミも多くなっています。

おくるみやバスタオルで、しっかり包み込んであげることで落ち着くこともあるようです。

その他にも、口コミで評判の良い、夜鳴き対策グッズなど、インターネット上には多数の情報があります。

夜鳴きと添い寝

夜鳴きの原因と対策01

夜鳴きには、添い寝や添い乳が効果があると良く言われます。

以前には、添い寝をしていると自立心が育たないなどと言われていた時期もありましたが、現在では、赤ちゃんが安心して眠れるならば添い寝が良い、という風に変わってきているようです。

特に夜鳴きは、不安を解消し、安心させてあげるのが一番効果的です。

忙しいママにとっては、赤ちゃんと一緒に添い寝して眠るのは、ふれあいの良い機会となりますから、たっぷりと赤ちゃんに愛情を注いで、甘やかせてあげましょう。

昼間はたっぷりと遊んであげるのが良いでしょう。

夜鳴きしたら、抱っこしたり、頭を撫でてあげたり、手を握ってあげることで、赤ちゃんはママがそばに居ることを感じて安心し、自然に夜鳴きも治まるようです。


夜鳴きの原因と対策TOPへ

夜鳴きの基礎知識

夜鳴き解消の方法

夜鳴きの治療

当サイトについて